初雪の恋~ヴァージン・スノー~

Published on June 10 ,2013 by KadokawaPicturesJP

大学教授の父親に同行して、日本に転校することになったミン。自転車に乗って京都の街を走り回った春の日、ミンは神社で巫女姿の七重と出会う。 彼女に一目惚れするミン。偶然にも七重は、ミンが転校した学校の生徒だった。

七重に近づきたいミンの想いとは裏腹に、ミンはうっかり彼女の大切な画材ケースを川に落としてしまう。
必死でアルバイトを探すミン。そして貯めたお金で買った、ミンの誠意がこもった真新しい画材ケースを受け取った七重は、その時から少しずつ、彼に心を開いていく。
授業を抜け出した夏の日、陶器店に立寄った二人は、いつかミンが作った器に七重が絵を描くことを約束し合う。そして、初雪の日にソウルの石垣道を一緒に歩くことも。
ミンは約束を実現するため、著名な陶芸家でもある父親に焼き物作りを教えてほしいと頼み込んだ。

真剣に陶芸に取り組み始めるミン。しかし、祇園祭の宵山の日を境に、七重は突然ミンの前から姿を消してしまう。絵皿作りの約束も、初雪の日に逢う約束も、叶えられないまま――
(c)角川書店・CJ Entertainment・Dyne Film

Category Tag

0 comments

Add your comment

Your email address will not be published.